『屋根裏の舵』The Imaginary:スタジオポノック新作映画発表

『屋根裏の舵』The Imaginary:スタジオポノック新作映画発表

スタジオ ポノックは、AF ハロルドとエミリー グラヴェットの小説「イマジナリー」を翻案した新作アニメーション映画の予告編を公開し、ファンに今後の展開を体験させました。 ルドガー役に寺田心、アマンダ役に鈴木梨央が主演し、安藤サクラ、仲里依紗、山田孝之らオールスターキャストが出演する。

映画は『屋根裏の統治者』と題され、15月2022日に日本で公開される予定だ。 制作は当初、19年の夏に予定されていたが、制作方法に関連するいくつかの困難と新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響により延期された。

プロジェクトの指揮を執るのは、「Life Ain't Gonna Lose」やスタジオポノックの他のプロジェクトで知られる百瀬義行氏です。 本作のプロデューサーは、スタジオジブリをはじめとするスタジオポノック作品と長年の関わりを持つ西村義明氏。

2001 年にブルームズベリー パブリッシングから出版された原作小説は、アマンダ シャッフルアップの空想上の友達であるルドガーの物語です。 想像上の存在のハンターである恐ろしいミスター・バンティングが到着するまで、ルドガーは世界に姿を見せません。

映画のさらなる詳細とスタジオポノックからの約束された英語音声キャストを待つ間、『屋根裏の舵』は日本のアニメーションシーンで今年最も期待されるリリースのXNUMXつになりつつあります。

ジャンルイジピルドゥ

記事の著者、イラストレーター、ウェブサイト www.cartonionline.com のグラフィック デザイナー