アニメーション映画『Jesus』は2025年に全世界で劇場公開される

アニメーション映画『Jesus』は2025年に全世界で劇場公開される



ジーザス・フィルム・プロジェクトとプレミス・エンターテインメントが制作した1979年の『ジーザス』映画が、間もなくアニメ版で復活する。 2025 年の公開を予定しており、最先端のアニメーション技術とエンターテイメント業界のベテランの才能を活用して、観客をイエスの時代に戻すことが約束されています。

アニメーション業界で30年の経験を持つドミニク・カロラ監督は、このプロジェクトに熱心に取り組んでいます。 ディズニーで働き、『ライオン キング』、『ムーラン』、『リロ アンド スティッチ』などの長編映画の成功に貢献した後、キャロラはプレミス エンターテインメントを設立しました。 「このような素晴らしいチームとともにこの映画に命を吹き込むことができて光栄です。 私たちはイラストレーターの黄金時代の古典的な要素に頼って、物語の内容にマッチした美しい映画を作成することを目指しています。」 カロラさんは言いました。

この映画はレイ・アゲレヴィアとスチュアート・ロウダーがプロデュースし、バリー・クックが脚本を書き、ジェイソン・フリッキオーネ、トレイシー・ディスペンサ、ジョン・ヘルムズ、アーマンド・セラーノ、ローレン・スティーブンスを含む数人の業界専門家が参加しています。

ジーザス フィルム プロジェクトは、1979 年のオリジナルの実写映画を制作し、40 年以上にわたって配給し、2.000 以上の言語に翻訳され、世界中の何十億人もの人々に視聴されました。 新しいアニメーション版は、古い物語を新しい視覚的解釈で若い世代に伝えることを目的としています。

プロデューサーのレイ・アゲレヴィア氏は、「この映画とそれに続く没入型のデジタル体験を制作するために結集する受賞歴のある才能とチームに驚き続けています」と語った。 「私にとって最もエキサイティングな点は、アニメーション映画からのこれらのアセットをどのように再配布して、仮想現実 (VR)、拡張現実 (AR)、「新興メタバース」などのさまざまなプラットフォームにわたってアクセス可能な体験を作成できるかということです。

詳細については、次のリンクを参照してください。
asj.jesusfilm.org | 前提エンターテイメント.com



ソース: https://www.animationmagazine.net

コメントを残します