ディズニーの「ウィッシュ」興行収入は失望

ディズニーの「ウィッシュ」興行収入は失望

少なくとも感謝祭の時期にプリンセス映画を公開するという点では、ディズニーにとっては一つの時代の終わりだ。 2010 年の『塔の上のラプンツェル』の公開から始まって以来、この傾向は『アナと雪の女王』(93,5 万ドル)、『モアナ』(82 万ドル)、『アナと雪の女王 II』(125 億 XNUMX 万ドル)でも好成績をもたらしました。

しかし、このシリーズは、クリス・バックとフォーン・ヴィエラサンソーンが監督した映画『ウィッシュ』で最終的な結末を迎えたようで、この映画は先週末の興収わずか19,5万ドル、31,7日間の興収総額XNUMX万ドルで初公開された。 『ハンガー・ゲーム:歌鳥とヘビのバラード』と『ナポレオン』に次ぐXNUMX位でのオープニングは、このホリデー週末には誰もが予想していなかったことであった。

この残念な数字は、40年間の発売期間で55万〜XNUMX万ドルの範囲だった予測とは大きくかけ離れています。 同社のXNUMX周年を記念して特別に作られた映画「ウィッシュ」は、昨年の感謝祭の悲惨な「ストレンジ・ワールド」発売の苦い思いを払拭すると期待されていた。 むしろ、ラセター以降のディズニーの継続的かつ深刻な創造的困難を確認しただけだった。

「ウィッシュ」は、17,3 の海外領土からさらに 27 万ドルの収益を上げました。 中国では、この映画は3,7万ドルで4,9位と低調なスタートとなった。 アニメ『新次元! 映画クレヨンしんちゃん 超能力大決戦 空飛ぶ寿司』がディズニー最新作を抜き49万ドルでXNUMX位となった。 国内と海外の数字を合計すると、ディズニーの最新映画の世界総額は現在 XNUMX 万ドルです。

ディズニーの宣伝機関は、この映画についての情報を広めるために全力で取り組んでいます。 スタジオは当初から「Wish」を「アナと雪の女王 II」以来の最高傑作と位置づけようとしていた。 公開までの数週間で、この映画の広告がいたるところに登場し、宣伝パートナーにはチェリオス、ルフトハンザ、ベライゾン、ザレス、ニーマン・マーカス、マクドナルドなどが含まれていました。 しかし、どれもこの映画に対する社会の関心を十分に引き出すには十分ではありませんでした。 「ウィッシュ」に対する世間の拒絶は、ディズニー・アニメーション・スタジオの長編映画としては約20年前の「チキン・リトル」公開以来、最も痛烈な批判的レビューによって前触れとなった。

オープニング自体は大失敗のように思えるかもしれないが、すべてが失われたわけではない。 ほんの数カ月前、ピクサーの「エレメンタル」も同様にスタートは振るわなかったが、その後、国内外で素晴らしい持続力を見せて皆を驚かせた。 この映画は劇場公開をXNUMX億ドル近くの興収で終えたが、この数字は公開週末後には誰も予想できなかったであろう。 おそらく「Wish」は再びみんなを驚かせ、新年が始まるまでその人気を保ち続けるでしょう。 もしそうなら、主要なアニメーション作品が劇場(ユニバーサル/イルミネーションの「マイグレーション」など)とストリーミング(Netflix/アードマンの「チキンラン:ナゲットの夜明け」)の両方で公開される準備が整い、より競争の激しい環境に置かれることになるでしょう。来月。

週末の大きなアニメーション勝者はユニバーサル・ピクチャーズとドリームワークス・アニメーションで、その『トロールズ・バンド・トゥゲザー』は25,3日間で17,5万ドル、42日間で30万ドルで64,4位となった(最初の週末と比較してわずかXNUMX%減)。 。 比較すると、「トロールズ」は最初の XNUMX 日間の週末で「ウィッシュ」の XNUMX 日間の週末の興行収入(XNUMX 万ドル)とほぼ同じでした。 XNUMX つの週末を経て、「トロールズ」の楽曲の売り上げは XNUMX 万ドルに達しました。 しかし、どんな数字よりも、ユニバーサルは、感謝祭期間中にアニメ部門でディズニーが長年支配してきた地位に挑戦することに成功したことで、精神的な勝利を収めた。 この感謝祭の休暇には、今後さらに多くのスタジオがディズニーと対戦する可能性があると予想されます。

もう 95 つの重要なデータ ポイントは、「Trolls」の制作費が 200 万ドルであると報告されているのに対し、「Wish」の予算は XNUMX 億ドル近くだったということです。 ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は「タイトル当たりのコストを削減する」ことに注力していると述べたが、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオに何らかの改革がなければそれは実現しないだろう。 このような変更がスタジオの制作体制にどのような影響を与えるのかはまだ明らかではないが、すべてが新年にディズニーのアニメーション映画の制作に大きな変化が訪れることを示している。

さらに XNUMX つのアニメーション作品が今週末に限定公開されます。宮崎駿監督 (GKIDS) の「The Boy and the Saeron」と、フェルナンド トゥルーバとハビエル マリスカル監督 (ソニー ピクチャーズ クラシックス) の「They Shot the Piano Player」です。 どちらもまだ興行収入を発表していないが、専門の配給会社はメジャー興行収入の数日後に興行収入を発表することが多い。 今後、これらの映画で何らかのデータが明らかになった場合は、Cartoon Brew で最新情報をお知らせします。

出典: www.cartoonbrew.com

コメントを残します