HyperZoneビデオゲームの隠し3Dモードは、3Dメガネでプレイできます

HyperZoneビデオゲームの隠し3Dモードは、3Dメガネでプレイできます
画像:HAL研究所

ハイパーゾーン は、発売時に世界に火をつけなかったが、リリース後数年でカルトを築いたSNESタイトルの7つです。 ゲームの魅力の多くは、モード3エフェクトを革新的に使用して、XNUMXDモーションのリアルな印象を表現することによるものですが、HALは、視覚的なインパクトをさらに際立たせる計画を立てていました。

ご覧のとおり、HyperZoneには立体3Dサポートが含まれていますが、チートコードを入力することによってのみ有効にでき、任天堂はこのエフェクトを機能させるために必要なハードウェアをリリースできませんでした。 この種の視覚的欺瞞には、日本で8ビットファミコン用にリリースされたような「アクティブシャッター」メガネのセットが必要です。 私はできた 任天堂はもともとスーパーファミコンのペアをリリースする計画を持っていましたが、決してしませんでした。

ただし、実際にはHyperZoneをでプレイすることは可能です ベロ 3Dですが、それを行うには多くの機器が必要になります。

3Dモードをアクティブにするために必要なコードは次のとおりです。

選択、選択、A、B、選択、選択、X、Y、選択、選択、L、R、上

正しく入力すると、HyperZoneのタイトルテキストがオレンジ色から赤に変わります。 次に、[選択]を押して、エフェクトを非アクティブ化および再アクティブ化できます。 問題は、必要なすべての機器を入手するために必要な多額の費用を超えて、ゲームにスローダウンが含まれていることです。これは、3D効果がメガネと同期していないことを意味します。

3Dチートコードの存在は以前から知られていましたが、このゲームが「ファミコン3Dシステム」メガネにも対応していると個人的に言及するのはこれが初めてです。

出典:www.nintendolife.com/