外崎晴夫の「デーモンスレイヤー」は44万ドルの日本デビューで世界チャートのトップに立つ

外崎晴夫の「デーモンスレイヤー」は44万ドルの日本デビューで世界チャートのトップに立つ

映画館がコロナウイルスの大流行を乗り切るのに苦労している中、日本のアニメ映画 デーモンスレイヤー–キメツノヤイバ–映画:無限列車 (o インフィニティトレイン)東宝を通じて記録的な44万ドルのデビューを果たし、ボックスオフィスで世界ランキングを簡単に上回りました。 デーモンスレイヤー 過去2,27日間で、世界中で公開される映画の中で最高のオープニングトレンドを持ち、日本でこれまでで最大のオープニングを記録しました。 アニメーション映画(アニメ)はまた、国内でこれまでに記録された最大のIMAXオープニングを提供し、38の画面で60.000万ドル(平均XNUMXドル)を獲得しました。

成功は、16月200.000日のリリースでのファンの事前注文の大洪水に続き、国内のいくつかの映画館のWebサイトをノックアウトし、チケットキューが19万人以上のバイヤーに届きました。 国民の熱意により、日本最大のシネマチェーンのXNUMXつであるTOHO Cinemasは、オープニングウィークエンドのすべてのシネマでCOVID-XNUMXの座席制限を引き上げました。

無限トレイン 2019年発売の人気アニメシリーズも監督を務める外崎晴夫監督。鎌戸丹次郎が妹のねずこを人間に変身させるデーモンスレイヤーになる準備をしている。 世界中のアニメファンは、ショーの悲劇的な神話の物語、剣遊びのアクション、そして素晴らしいコメディーの瞬間に反応しました。 新作では、丹次郎とその仲間たちがバタフライマンションでのリハビリ訓練を終え、無限トレインに乗った40人の失踪を解決し、魔族スレイヤー隊の最強の剣士の一人と力を合わせて電車の悪魔。

この映画は、いくつかの作業を行ってきたUfotableスタジオによって作成およびアニメーション化されています。 運命/夜を過ごす と映画 からの協会 、松島晃によるキャラクターデザインとアニメーション演出付き(ユーレカセブン、ナルト)。 TVシリーズ「Gurenge」をテーマにしたLiSA。 彼はまた、映画「ほむら」の新しいテーマを録音しました。 アニメは後藤幸治のオリジナルマンガが原作。

FunimationはリリースのためにAniplexofAmericaと提携しています デーモンスレイヤー–キメツノヤイバ–映画:無限列車 2021年に米国とカナダで。企業は以前に2019年に力を合わせてリリースしました 清春ぶたやろうはゆめみるしょうじょうの夢おみない(ラスカルは夢を見ている女の子を夢見ていません)。

鬼殺隊アニメ.com

[追加ソース:ScreenDaily、GameRant、Funimation.com]

デーモンスレイヤー–キメツノヤイバ–映画:無限列車

記事のソースに移動します