スローステップ – 1991 年のアニメおよびマンガ シリーズ

スローステップ – 1991 年のアニメおよびマンガ シリーズ

『スローステップ』は、あだち充作、ちゃおにて連載されている、恋愛とスポーツの要素を組み合わせた漫画です。物語は 1986 年 1991 月から 1991 年 XNUMX 月まで続き、XNUMX 巻で完結します。この物語は、XNUMX 年に湯山邦彦監督により XNUMX 話の OVA (オリジナル ビデオ アニメーション) として翻案され、新たな命を吹き込まれました。原作に忠実ではありますが、アニメには異なる結末を含むいくつかの相違点があります。

「スローステップ」は、複数の男子生徒や教師からの望まぬ恋愛的注目に対処しなければならない、非常に人気のある高校生、中里美夏の浮き沈みを描いています。これらの求愛を回避するための美夏の戦略はますます複雑になり、別のアイデンティティを獲得することさえあります。プロットは、ボクシングやソフトボールなどのスポーツのニュアンスで装飾された日常の学校生活の瞬間を通じて展開され、活気に満ちたダイナミクスと個人の成長の瞬間で物語を豊かにします。

あだち充作品の典型である「スローステップ」の特異性は、ロマンチックなジャンルの軽やかさと登場人物の感情の深さを巧みに絡み合わせる能力にあり、すべてがテーマの背景を増幅させるだけのスポーツの文脈に設定されています。友情、競争、自己発見など。したがって、このマンガは、恋愛とスポーツの課題が一緒になって魅力的で魅力的な物語を生み出す、思春期の複雑さを通過する繊細な旅であることがわかります。

OVA バージョンでは、漫画の精神と主要なテーマを維持しながら、視覚体験を豊かにするバリエーションが導入され、一部のイベントやキャラクターの成長についてファンに別の視点を提供します。 『スローステップ』は、一見シンプルなスポーツと恋愛の物語に見えますが、そのテーマの深さとキャラクターの造形が丁寧で、少女漫画・漫画界の記憶に残る作品となっています。日本のアニメ。

文字

中里美夏 / 須藤マリア 朝丘高校ソフトボール部のエースピッチャー、中里美夏は、クラスメイトの秋葉秀とコーチの山桜から注目を集めていることに気づく。須藤マリアという秘密のアイデンティティを通じて、ミナツは地元の凶悪犯から逃げ出し、隣人の角松直人とすれ違います。あまり有名ではないプロレスラーの娘である美夏は、直接的で時にはそっけない態度が特徴です。アニメでは、彼女の物語はロマンチックな方向に進み、山桜勘吾と結婚することになります。

秋葉シュウ 明るくてちょっと無謀な男の子、シュウは美夏のクラスメイトで、朝丘高校ボクシング部のメンバーです。社長の息子で美夏に夢中。角松直人とのライバル関係からボクシング部への入部を決意し、美夏の愛情を勝ち取るために全力を尽くす。

角松直人 城星高校3年生でボクシングチャンピオンの直人は、他校に通いながら美夏と同じ建物に住んでいる。美夏の分身である須藤マリアに一目惚れし、マリアと美夏の正体が同一人物であることを知り、リング上でも美夏の心を掴む点でもシュウとライバル関係にあることに気づく。

寒吾山桜 朝丘高校の教師であり、ソフトボール部とボクシング部の顧問でもあるカンゴさんは、姉の死後、姪のチカの世話をする必要が生じ、プロボクサーとしての夢を中断された。彼の特徴は、女子生徒に対する不適切な執着と不必要な注目です。アニメの結末では、彼は美夏に愛を見出し、結婚します。

沢村亜矢子 自立的で控えめな女の子、彩子は美夏の投げを受けることができる唯一の人物です。山桜コーチに想いを寄せている彼女は、彼に近づくためにソフトボール部への入部を決意する。拒否された後、彼女は一時的にソフトボールから離れますが、コーチではなくチームに戻ります。彼女の物語は、母親以外の女性恐怖症にもかかわらず、新任教師の染井と出会ったとき、予期せぬ方向に進みます。

田中千佳 山桜の孤児の姪である千佳は、幼いながらも叔父の家の世話や食事の世話をほぼ全面的に引き受けており、とても頼りになる。美夏に特別な愛情を抱いており、彼女と山桜が一緒に幸せになることを夢見ている。

マンガ

  • 性別: コメディ、スポーツ
  • 著者: 足立満
  • 出版社: 小学館
  • リビスタ: こんにちは
  • ターゲット: 少年
  • 初版: 1986年1991月 – XNUMX年XNUMX月
  • タンコボン: 全7巻(完結)
  • イタリアの出版社: スターコミックス
  • イタリア版シリーズ第 1 弾: 星明かり

OAV

  • タイトル: スローステップ
  • 著者: 足立満
  • 監督: 湯山邦彦
  • 映画のスクリプト: 佐伯利通
  • キャラクターデザイン: 松原徳弘
  • 音楽: 渡辺裕也
  • アニメーションスタジオ: ユーメックス、東宝
  • 伝送ネットワーク: フジテレビ
  • 初版: 1991
  • エピソード: 5 (完全なシリーズ)
  • エピソードあたりの長さ: 45分
  • イタリアの送電網: ゴールド7
  • イタリア初版: 24年2007月28日 – 2007年XNUMX月XNUMX日

ジャンルイジピルドゥ

記事の著者、イラストレーター、ウェブサイト www.cartonionline.com のグラフィック デザイナー

コメントを残します