8マン – 60年代の日本のアニメシリーズ

8マン – 60年代の日本のアニメシリーズ

8 マン シリーズは、SF 作家の平井和正と漫画家の桑田次郎によってスーパーヒーロー漫画およびアニメとして 1963 年に制作されました。 8マンは仮面ライダーよりも前の日本初のサイボーグスーパーヒーローと考えられています。 漫画は 1963 年から 1966 年まで週刊少年マガジンに掲載され、アニメ シリーズは TCJ アニメーション センターによって制作されました。 東京放送にて全56話と別れの特別編「さよなら8マン」が放送された。

このプロットは、犯罪者に殺された横田刑事の遺体が谷教授によって回収されることを中心に展開します。 タニは自分の生命力をロボットの体に移そうとし、信じられないほどのスピードで走り、形を変えることができる装甲アンドロイド、8マンを生み出しました。 8 男は犯罪と戦い、最終的には殺人の復讐を果たします。 力を回復するために、彼は「エナジー」タバコを吸っています。

原作の日本版漫画およびテレビシリーズでは、主人公の名前は8マンとして生まれ変わっても変わりませんが、「横田刑事」は実写版のために作られたものです。 漫画とテレビシリーズは実写映画とは異なるストーリーを特徴としています。 米国では、復活した探偵/アンドロイドは「Tobor」(「ロボット」を逆から見て)として知られており、8マンの名前は「8th-Man」にわずかに変更されています。

『8 Man』シリーズは大きな影響を与え、サイボーグ スーパーヒーローのジャンルに影響を与え、その後 8 年間その人気をさらに高めました。 このシリーズは米国でも「Tobor the XNUMXth Man」として放送され、大きな成功を収めました。

結論として、『8 マン』シリーズは日本のスーパーヒーローの歴史における柱であり、その影響は日本国外でも感じられ、エンターテインメントの世界でスーパーヒーローとサイボーグのジャンルを形成するのに役立っています。

タイトル: 8マン
監督:川島晴之
著者:平井和正
制作スタジオ:TCJアニメーションセンター
エピソード数:56
国:日本
ジャンル: スーパーヒーロー
所要時間: 25 エピソードあたり 30 ~ XNUMX 分
テレビ局:TBS
発売日:7年1963月31日~1964年XNUMX月XNUMX日
その他の事実: 漫画「8 マン」は、SF 作家の平井和正と漫画家の桑田次郎によって 1963 年に作成された漫画に基づいています。 このシリーズは、犯罪と戦うためにアンドロイドに改造された横田刑事である8マンとして知られるサイボーグの冒険を描いています。 このシリーズは日本の TBS で全 56 話で放送され、日本のスーパーヒーロー ジャンルに大きな影響を与えました。 他にも映画や漫画など関連作品が制作されている。 シリーズのテーマソングは「Call Tobor, the 8 Man」です。

出典: wikipedia.com

60年代の漫画

コメントを残します