「セントラルパーク」、Apple TV+でXNUMXシーズン放送後に打ち切りに

「セントラルパーク」、Apple TV+でXNUMXシーズン放送後に打ち切りに



最新のニュースによると、Apple TV+は初の大人向けオリジナルアニメシリーズ、ミュージカルコメディ「セントラルパーク」の制作を完了したとのこと。 インスタグラムでこのニュースを認めたのは、シリーズ『バーディー』のナレーターの声を担当し、ローレン・ブシャール、ノラ・スミスと共同制作したジョシュ・ギャッドだ。 残念ながら、ファンの返答として、ガッドは番組が終了したと宣言した。

ディズニー傘下の 2th テレビジョン アニメーションが制作したこの 20D アニメ シリーズは、風変わりな起業家による再開発の脅威にさらされているセントラル パークに住む公園長の家族の物語です。 キャストには、レスリー・オドム・ジュニア、キャスリン・ハーン、スタンリー・トゥッチ、デイビード・ディグス、タイタス​​ス・バージェス、クリステン・ベルといった名だたる名が名を連ねている。 シーズン2で異人種間の娘の声を演じた後者は、アニメーションにおける声優キャストの変更の波を受けて、シーズン3とXNUMXではエミー・レイバー・ランプマンに置き換えられた。 しかし、シーズンXNUMXではクリステン・ベルが声の出演に戻った。

2018年の激しい入札合戦に勝利した後、2020年に「セントラル・パーク」がApple TV+で配信開始され、表向き最終シーズンとなる第2022シーズンがXNUMX年秋に配信された。同ストリーマーのもうXNUMXつのアダルトアニメシリーズ「ストレンジ・プラネット」は今年XNUMX月に公開された。そしてリニューアルを待っている状態です。

(出典: ハリウッド・レポーター)



ソース: https://www.animationmagazine.net

コメントを残します