新海誠監督の2022年アニメーション映画『すずめ』

新海誠監督の2022年アニメーション映画『すずめ』

『すずめ』(すずめの戸締め、「すずめのとじまり」)、文字通り「すずめの閉ざされた扉」または「すずめが扉を閉める」は、新海誠が脚本・監督を務めた2022年の日本のアニメーション映画です。 この映画は、「君の名は。」などの新海監督のこれまでのヒット作の足跡をたどる作品。 』と『天気の子』は国内外、特に極東で商業的に大きな成功を収め、中国と韓国で興行記録を樹立した。

トラーマ

「すずめ」の物語は、日本の南、宮崎県の小さな町に住むXNUMX歳の岩戸すずめを中心に展開します。 謎の廃扉を探す少年、宗像宗太と出会ったとき、彼の人生は予期せぬ方向へ転がっていく。 この扉の発見により煙の怪物が出現し、日本中に点在する次元通路の存在が判明する。 これらのドアが開くと、地震を引き起こす巨大な「ワーム」が放出されます。 宗太の仕事は、手遅れになる前にこれらのドアを閉めることです。

この映画は、2011 年の東北地方太平洋沖地震と津波などの深刻かつ現実的な問題に直面する XNUMX 人の主人公の日本中を巡る身体的および精神的な旅を描いており、物語は彼が変身させた猫などの幻想的な要素と絡み合っています。封印石から国中を旅し、すずめと宗太が閉じなければならないさらなる扉を開きます。

制作・販売

『すずめ』は2020年2020月に制作が始まり、同年2021月に脚本が完成。 2021年11月から2022年27月にかけて絵コンテが起草され、2023年XNUMX月にアニメーション制作が開始された。日本ではXNUMX年XNUMX月XNUMX日に東宝により劇場公開され、通常上映とIMAX上映が行われた。 世界配給はクランチロール、ソニー・ピクチャーズ、ワイルドバンチが担当し、映画はXNUMX年XNUMX月XNUMX日にイタリアの映画館で公開された。

サウンドトラック

「すずめ」のサウンドトラックは、作曲家の陣内一馬とのコラボレーションにより、バンドRADWIMPSによって作曲されました。 一部の録音はロンドンのアビーロード・スタジオで行われました。 リードトラック「すずめ」は30年2022月XNUMX日に音楽ストリーミングサービスにてリリースされた。

歓迎

『すずめ』は全国379館で初公開され、記録的な成績でチャート322,1位を獲得。 この映画は世界中で興行収入が46億95万ドルを超え、視聴者数は74万人を超えました。 批評家たちはこの映画を好意的に受け取り、Rotten Tomatoes では 100% のスコア、Metacritic では XNUMX 点中 XNUMX 点のスコアを獲得しました。

結論として、『すずめ』は、息を呑むようなアニメーションと、普遍的かつ個人的なテーマに触れた魅力的で奥深いストーリーを組み合わせた、新海誠監督のもう一つの傑作として際立っています。



新海誠監督のアニメ映画「すずめ」は、16月XNUMX日木曜日にCrunchyrollでアジアとフランスを除くプラットフォームが存在するすべての地域でストリーミング配信される予定だ。

ソニー傘下のアニメ配給会社クランチロールはアワードシーズンキャンペーンの真っ最中であり、すずめのストリーミング配信は完璧なタイミングで行われた。そのキャンペーンには、19月XNUMX日にアカデミー博物館で新海監督のキャリアと映画に特化したポップアップインスタレーションも予定されている。新海自身の存在。

『すずめ』は批評家から圧倒的な成功を収め、全世界で 323,3 億 XNUMX 万ドルの興行収入を記録し、アニメーション映画史上 XNUMX 番目に高い興行収入を記録しました。

ただし、興行収入だけでは賞シーズンの人気を集めるのに十分ではありません。 クランチロールは2021年にソニーに買収されて以来、配給大手であることが証明されているが、『すずめ』は映画をメジャーな知名度に高める同社の能力を試す最初の大きな試練となる。

『すずめ』の公式あらすじ 

 

「扉の向こうには、まるまる時間があった――」
「すずめ」は、日本中のさまざまな災害に見舞われた場所を舞台に、惨状を引き起こす扉を閉じなければならない17歳の主人公・すずめの成長物語です。
九州の静かな町で、「扉を探している」と告げる青年と出会ったすずめの旅が始まる。 すずめが見つけたのは、まるでどんな大惨事からも守られているかのように、廃墟の中に佇む一枚の使い古されたドアだった。 その力に惹かれ、すずめはハンドルを握る…日本中の扉が次々と開き、近くにいる者に破壊をもたらす。 さらなる災難を避けるために、すずめはこれらのポータルを閉じる必要があります。
――星、そして夕焼け、そして朝の空。
その領域では、まるですべての時間が空に溶け込んだかのようでした…
見たことのない風景、出会いと別れ…彼の旅路には、数々の試練が待ち受けている。 行く手にはあらゆる障害があるにもかかわらず、すずめの冒険は、日常生活を構成する不安や制約というより困難な道と闘う私たち自身の闘いに希望の光を投げかけます。 過去、現在、未来をつなぐ扉を閉ざす物語は、私たちの心に深く残ります。
不思議な扉に誘われて、すずめの旅が始まります。」

『すずめ』は新海監督が脚本・監督を務めた。 アニメーション監督を土屋賢一氏、美術監督を丹地巧氏が務めた。 アニメーション制作はComix Wave Filmsが担当し、Story Inc.と共同で制作した。

8年2023月XNUMX日に宮崎駿監督の『少年とサギ』が劇場公開される予定で、高級アニメにとっては当たり年であることが証明されており、両作品は今年の賞シーズンに大きな影響を与える可能性がある。

 

コメントを残します