東映アニメーションは、ワールドワイドライブストリーミングで「ワールドトリガー」を宣伝します

東映アニメーションは、ワールドワイドライブストリーミングで「ワールドトリガー」を宣伝します

セカンドシーズンのワールドプレミアをきっかけに、東映アニメーション株式会社がスペシャルの詳細を発表しました。 ワールドトリガー、 クリスマス直前にファンに披露されたライブストリーミングイベント。 新しいシーズンの開始を祝うために、Toei Animationは、30月XNUMX日土曜日に、世界中のファンを対象とした最初の世界規模の仮想イベントを開催します。 ワールドトリガー シーズン2グローバルライブストリームウォッチパーティー。 アメリカ、カナダ、ラテンアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパのアニメファンは、東映アニメーションのフェイスブックとユーチューブのチャンネルで特別な同時イベントのために再会することができます。

ソーシャルメディアの有名人が主催 ジャスティン・ロハス (HomeCon / Envy Gaming)e リサ・ウォレン (カワイイファイブオーポッドキャスト)、  ワールドトリガー シーズン2グローバルライブストリームウォッチパーティー シリーズの紹介と日本のキャストメンバーのファンのための特別なビデオメッセージが含まれます 村中知 (久我由馬)、 田中健太 (犬井澄治)、 豊永利行 (ラタリコフ)と村瀬あゆむ(レギンデッツ)のスクリーニングに続いて ワールドトリガー シーズン2のエピソード1と2(日本語と英語のサブタイトル)、エピソード後のディスカッションとプロモーションの景品。

この17時間のファンイベントは午後00時に始まります。 太平洋/東部土曜日午後20時。 現地の国際時間には、00:19メキシコシティ、00:22サンパウロ、午前00時パリ(日曜日)、午後2時シドニー(日曜日)が含まれます。 各エピソードの後に​​は、ゲストの解説とファンへのプレゼントが続きます。

Shueishaのシリアル化されたSFアクションマンガに基づいて、 ワールドトリガー もともとは東映アニメーションから73- 2014年に2016話のシリーズとしてリリースされました。 シーズン2とシーズン3の制作のために、東映アニメーションはシリーズの新しいディレクター、秦野守夫(ドラゴンボール超 --Future Trunks saga)、オリジナルのボーカルキャストと、吉野博之(Eps 1-48のシリーズ作曲の作者)、川井健二(音楽作曲家)、海谷敏久(キャラクターデザイナー)を含むオリジナルスタッフの主要メンバー。

セカンドシーズンのあらすじ: 国境防衛庁は、未知の力を持っている他の世界からの存在である「隣人」からの攻撃に対抗するために設立されました。 最下位のボーダーエージェントである三雲修は、隣人の久我由馬と幼なじみのあまとりちかと組む。 彼らは、国境内のランクの戦争に勝ち、他の世界である「近隣」のアウェイチームに選ばれるよう努めています。 その間、近所からの別の攻撃が検出されました。 ミカド市は、最大の軍事国家であるアフトクレーターによる1度目の大規模な侵略によって依然として被害を受けています。 ボーダーは、街と市民のパニックを回避するため、主にエリートA級の部隊を配置することで、ジン雄一の先見性に基づいた秘密の傍受を手配しますが、ゲートが出現し、ナンバーワンの攻撃者である立川圭が行動しようとすると、ジンは脅威的な未来を見ています。

 



www.animationmagazine.netの記事のソースにアクセスします